定温保税倉庫Medel Tokyo Center

メーデル東京センター

メーデルジャパンが運営する倉庫「メーデル東京センター」は都内にありながら、様々な規模に対応できる定温保税倉庫です。輸出入の拠点としてはもちろん、お客様のビジネスの拠点としてご利用いただける総合物流倉庫です。

一時的な保管(夏場の高温期)や店舗、御社の保管スペースが足りない時の臨時倉庫としてもご利用いただけます。

また、セキュリティ面もしっかり管理されている倉庫なので、大切な商品を安心して保管いただけます。

倉庫の見学も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
お客様のご要望を最大限に生かし、ビジネスが加速するご提案をさせていただきます。

メーデル東京センターへのアクセス

徹底した温度管理

ワイン・日本酒・チョコレート・オリーブオイルやはちみつなど、温度変化に敏感な商品に最適な倉庫です。一年中、温度・湿度が一定管理されており、大切な商品の品質を守ることができます。

近年は湿度による外装ダンボールの劣化を防止するために、定温倉庫での保管ニーズが高まっています。

お客様の「このようなことは出来ないだろうか?」というご要望に柔軟に対応しており、BtoB、BtoCを問わず全国発送も1本(個)単位から可能です。
コンテナ、パレット、ケース単位の入庫から、定温保管、出荷作業まで、規模を問わずご利用いただけます。

輸出入に最適な保税倉庫

メーデル東京センターは保税エリアも完備した定温倉庫なので、輸出入の拠点倉庫としてもご利用可能です。輸入した商品は当倉庫で保管ができ、商品の発送までをワンストップで行うことができます。
お客様のビジネスの拠点倉庫としてご利用ください。

また、輸出入時の通関手続きも当社が責任を持ってサポートします。初めて輸出入をされる方もご安心ください。